ペイントで変わりはじめる、私の暮らし

イベント・ワークショップ

エマニュエル・ムホー氏×禿真哉氏によるトークセッションを開催します(in TOKYO)

ROOMBLOOMのスペシャル企画として、「色と建築」をテーマに、今最も注目されている若手建築家 エマニュエル・ムホー氏(emmanuelle moureaux architecture + design)と
禿 真哉氏(トラフ建築設計事務所)のお二人を招いてトークセッションを開催します。
先着80名様を無料でご招待しますのでどうぞお早めにお申込みください。
(お申し込みは以下のフォームをご利用ください)

日時: 12月6日(金) 19:00~21:00 (開場 18:30~)
場所: リビングデザインセンターOZONE 6F すまいくラボ

お名前(必須)
メールアドレス

emmanuelle moureaux

emmanuelle moureaux(エマニュエル・ムホー) (emmanuelle moureaux architecture + design)
1971年フランス生まれ。1996年より東京在住。2003年エマニュエル一級建築士設計事務所設立。色彩と日本の間仕切りの発想を組み合わせた「色切/shikiri」を編み出す。その「空間を色で仕切る」というコンセプトから、色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱い、建築(巣鴨信用金庫常盤台支店 他)、インテリア(ABCクッキングスタジオ他)、プロダクトデザイン(stick chair他)まで幅広く手掛ける。東北芸術工科大学准教授。
http://www.emmanuelle.jp/

禿真哉

禿 真哉(かむろ しんや) (トラフ建築設計事務所)
1974年 島根県出身 建築家。2004年 鈴野浩一と共にトラフ建築設計事務所を設立。建築の設計をはじめ、ショップのインテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。主な作品に「テンプレート イン クラスカ」「NIKE 1LOVE」「港北の住宅」「空気の器」「ガリバーテーブル」など。
http://torafu.com/

加藤孝司

モデレーター
加藤 孝司 (かとう たかし)デザインジャーナリスト
1965年東京・浅草生まれ。デザイン・ジャーナリスト。雑誌、ウェブなどで建築、デザイン、アートについて執筆。デザイン、アート、建築を語るトークイベントも主宰。ジャンルとメディアをこえて近年活動のフィールドをひろげている。2006年よりジャンル横断的なウェブメディア『FORM_story of design』運営。近著に共著「時間のデザイン」(鹿島出版会)、「ぼくらのイースト東京案内」(ランドスケーププロダクツ)。執筆以外の主な活動に、「台東フォーククラフト協会」(2008年〜)、「Hiroshima 2020 Design Charrette」(2009年)、「何に着目すべきか?」(2012〜)。
http://form-design.jugem.jp/

ROOMBLOOM ペイントラインナップ