ROOMBLOOM

ペイントで変わりはじめる、私の暮らし

暮らしのはなし

暮らしを楽しみ、住みこなす~長屋の賃貸をリノベーション

rblife_nr_01

ROOMBLOOMでお家をペイントしていただいたお客さまのお宅にスタッフがおじゃまして、お話を伺いました。
今回訪れたのは、建築学科出身の井上さんが住むリノベーションされた長屋。
一風変わった長屋の楽しみ方や、お気に入りの場所を教えてもらいました。

 

リノべーションで生まれ変わった長屋
rblife_nr_02

扉を開けると、リビングから庭までのナナメ土間、大きな窓からの光が一気に差し込む、京都・一乗寺の長屋。
ここは、オーナーの「賃貸物件だからこそ実現する暮らしを提供したい」という想いでリノベーションされた賃貸物件。
たとえば、この開けた土間は友人が気軽に集まれる場所にしてもらえれば、
そんな風に家の隅々まで住み手への想いがたくさん散りばめられています。

そんな一風変わったこの長屋を住まいに選んだのは、建築学科出身の井上さん。
もともと、おもしろいところに住みたいと思っていた井上さんは、
レトロ感や間取りのおもしろさから一目見てすぐにここを気に入ったといいます。

 

暮らしを楽しみ、住みこなす
rblife_nr_03

その特徴的なナナメ土間にぴったりとはまったテーブル。初めからそこにあったようなテーブルは、
おじいさんの作業場から拾ってきた足場板に足をつけたもの。大きな窓には、布屋さんでみつけた大きな布を。
たくさんの本はコンクリートブロックを積んでつくった棚に収納。

リビングだけでも、たくさんの手づくりで溢れる井上さん宅。
「身の丈に合った暮らしをしたくて。そして、この空間に合うものを選びたい。
そう考えると自然と既製品を買うのではなく、作ることが当たり前になった」と話す井上さん。
これで完成ではなく、これからもその時の暮らしに合わせて変えていくことができる、という住まいに対する柔らかな考え方と暮らし方、
まさに“住みこなす”という言葉がぴったりに感じられました。

 

お気に入りの場所
rblife_nr_04

隅々までにこだわりがいきわたる井上さん宅。一番のお気に入りの場所を尋ねると、“庭”と“大きな窓”だと教えてくれました。
目いっぱいに切り取られた窓からは、たっぷりと日がさしこみ、晴れの日は土間で過ごすのがとても気持ち良いのだそう。
そして、賃貸物件にはめずらしい庭には、1本のシマトネリコ。なんとお風呂からも眺めることができるのだとか。
まさに、遊び心が満載のこの物件で、“賃貸だからこそできる暮らし、今しかできない暮らし方”を実践されている井上さん。
作りながら住む、この家だからこその暮らしを存分に満喫されているようでした。