ROOMBLOOM

ペイントで変わりはじめる、私の暮らし

コラム

おうちにつくる、デトックススポット~クリエイティブ大家さんの暮らしにまつわるコラム

tdcolumndetox_img00

トダビューハイツの大家・戸田江美による、暮らしにまつわるコラム連載です。
大家視点、デザイナー視点で、時にはペイントに限らず、毎日をちょっと楽しく過ごすアイディアについて綴ります。

***

【今までのコラム】
1.「ROOMBLOOMの色の名前にきゅんとする」

***

今日も1日、お仕事をがんばった人、コツコツと家事をこなした人、遊びほうけた人も、お疲れさまです。
今月からこちらで暮らしにまつわるコラムを連載させていただいています。クリエイティブ大家さんの戸田江美です。

日々お仕事をして家事をして…私たちは暮らしのなかで、時に我慢をしたり気遣いをしたり、ちょっと凹んだりします。
そんな時、自宅の “心をデトックスさせる場所”で過ごすと、ちょっと気持ちが軽くなります。
この場所を、個人的に「自宅デトックススポット」と呼んでいます。

 

自宅デトックススポットのつくり方
さて、この「自宅デトックススポット」の簡単なつくり方をご紹介します。

1.
おうちの中で一番リラックス場所を探しますソファ、お風呂、ベッド…その場所があなたの「自宅デトックススポット」。

2.
場所が決まったら、徹底的にリラックスして過ごせるようにしつらえを整えます。お気に入りのクッションをひとつ用意したり、
その場にある物を減らしたり、好きな香りのするキャンドルを置いたり。

3.
この場所では “絶対になにも考えない” ことを徹底しましょう。いわゆる「瞑想」です。これってできそうで意外と難しいんです。

“なにも考えない”ことに集中すると、「あの仕事どうしよう、あれもやらなきゃ」とざわざわしていた気持ちがちょっとずつ落ち着き、
ちょっと肩の重みが消えた気がします。
パソコンに向かっていた時には思いつかなかったアイディアが浮かぶこともあります。

「もうちょっと頑張ろう」「あれから手をつけよう」「ちょっと休憩しよう」と客観的に自分のコンディションを見直すきっかけにもなります。

 

私の庭暮らし

tdcolumndetox_img01

私の自宅デトックススポットは、小さいながらも自慢の庭です。花が咲いて散って、実がついて、葉の色が変わり…時間の流れを感じられる場所です。

草花はもちろん、水を飲みにくるシジュウカラの夫婦や、蜜を吸いにくる蝶々といった生き物の暮らしも見えてきます。
私はいろんな命と一緒に、この庭で暮らしています。

仕事が行き詰まった時、ここで“なにも考えない”で過ごすと、緑と土のにおい、風の音、小さな虫の鳴き声に気がつき、呼吸がゆるやかになって…

「ま、いっか。がんばろ。」
張り詰めていた気がちょっと抜ける、きっかけになります。

 

好きを集めたスペース

tdcolumndetox_img02

お気に入りだけを集めたリビングの一角も「自宅デトックススポット」になりますよね。
好きなものを置くだけだから、特に準備する時間もお金も必要なく、飽きっぽくてもズボラでも続けやすい空間づくりだと思うのです。

何回も繰り返し読んでいる小説、お気に入りの紅茶の缶、海外旅行のおみやげでもらったキャンドルを置くと、
私の大好きな世界がテーブルの上に広がります。キャンドルに火を灯せば、香りからも心地よさを得られます。

“好き”というポジティブな感情を胸に、心のデトックスの時間です。

 

寝る前の5分

tdcolumndetox_img03

グリーンを部屋に飾ると、空間も気持ちも華やぎます。
寝る前の5分、グリーンのそばでハーブティー(良質な睡眠のためにカモミールがおすすめ)をひと口飲んでから、
“なにも考えない”時間のスタート。

気持ちがすっきりしたら「今日も1日、自分おつかれさま!」と自分を労わってください。
それでは、おやすみなさい!

 

column written by…戸田江美 http://todaemi.com
トダビューハイツクリエイティブ大家さん。
趣味も仕事もものづくり。フリーランスのWeb・グラフィックデザイナー、イラストレーター、写真家。
トダビューハイツについてはこちら http://todaviewheights.com/